マイセン パグ犬ボックス 白磁

2019.04.22 Monday

0

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    JUGEMテーマ:趣味

     

     

     

     

    マイセン、蓋のうえにパグ犬が寝そべっている

    かわいいボックスです

    今回白磁が入荷しました!

     

     

    今から10年ちょっと前に絵付けしたものが限定品として発売しれました

    覚えていらっしゃいますか?

     

    今回の白磁は絵付けがない分、お求めやすい価格です。

    ↓こちらからご確認ください

    https://www.euroclassics-ginza.com/meissen_white.html

    アールヌーボー銀のトレイ

    2019.04.17 Wednesday

    0

      まるで鏡のように美しい

      シルバー製のトレイ


      写真はクリストフルのベルエポックのシリーズです


      シンプルなトレイは結構目にするのですが

      優美な装飾入りのシリーズはなかなかない…


      あまり高すぎても使いづらい💦


      このアールヌーボーデザイン、

      銀メッキのシリーズ


      おススメです‼

      https://euroclassics-ginza.com/christofle_table.html



      アネモネのお花が素敵♥


      シャンパンクーラーやアイスペール

      大きめトレイなども


      発表当初からはかなりのアイテムが製造中止となりましたが…

      気になるものは今のうちに入手されるのが良いのではと思ってます



      以前ポンパドールという優雅なシリーズがありましたが

      製造が難しいのか廃盤に…

      なくなってから探す方が大勢いらっしゃいました


      そう、

      クリストフルに関しては

      いつまでも売っているとは限らないのです



      KPMベルリン 製造中止となったシリーズ

      2019.04.13 Saturday

      0

        JUGEMテーマ:趣味

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         

         

        ドイツの食器といえば・・

        まずマイセンを思い浮かべる方が多いと思います

         

        本国では「KPMベルリン」の美しい食器でサーブされることも多いです

        良質ですので、意外とお高いブランドです

        モダンなデザインが多いですが

        ハンドル部分に葉っぱのレリーフがついたシリーズ「NEUGLATT」

        とっても人気があったのですが

        残念ながら製造中止となってしまいました

         

         

        ソーサー、カップの裏にはKPMのロゴ入り

         

         

        工場の在庫限りとのことですので、

        ご興味ある方はお早めに!!

         

        https://www.euroclassics-ginza.com/kpm.html

        ドイツ【イノシシの親子 うりぼうが可愛らしい手彫りグラス】

        2019.04.01 Monday

        0

          JUGEMテーマ:趣味

          JUGEMテーマ:ペット

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

           

          ドイツ、マイセンクリスタル社

          オールドファッショングラス

           

          熟練の職人さんがイノシシの親子をエングレイビングしました

          手彫りのグラス

           

          うりぼうが可愛らしいです!

           

          亥年の方へのギフトにもおすすめです

           

           

          https://www.euroclassics-ginza.com/meissencrystal2.html

          マイセン磁器【アラビアンナイト世界限定25ベース】

          2019.03.23 Saturday

          0

            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            JUGEMテーマ:趣味

             

            ヨーロッパで最も長い歴史を持つ磁器窯

            ドイツ、マイセン窯

             

            マイセン展でもおなじみ、

            アラビアンナイトシリーズです

             

            このアラビアンナイトシリーズは

            現代マイセン5人組と呼ばれたおひとり

            デザインしたハインツ・ヴェルナー氏

            90歳を祝い限定生産された貴重なベース!!!

             

            ヴェルナー氏は1928年生まれ

            マイセンは引退されましたが

            元気にされていると聞いてます

             

            妖艶な雰囲気を醸し出してます!

            意外と大きく、高さ約26cm

            存在感があります

             

            裏はサルタンが住む宮殿でしょうか

             

            世界に限定25個しかありません

            マイセン証明書がつきます

             

            http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_limited.html

             

             

            アウガルテン/ウィンナーローズでティータイムを

            2019.03.15 Friday

            0

              JUGEMテーマ:花のある暮らし

              JUGEMテーマ:趣味

               

               

              ウィーン、アウガルテンの美しい食器

              ウィンナーローズシリーズのティーポットL(約1.2L)とウォーマーを合わせたお写真です

               

              市販のティーキャンドルを使いポットを温めます

               

              ポットの内側はこんな風になってます

              アウガルテンは穴があいているようです

               

              私のおすすめポイントは。。。

              なんといってもハンドル部分のハートの絵付け

               

              ウィンナーローズのカップのハンドルにも

              愛らしいハートマークが描かれますよ

               

              ぜひ確認してみてください

               

              https://www.euroclassics-ginza.com/augarten04.html

               

              シルバースプーンに住まう異形

              2019.03.13 Wednesday

              0

                前回のリーブル美術館外壁のレリーフのお話つながりで・・

                 

                歴史あるお城や教会ではアレゴリー装飾で埋め尽くされてます

                 

                目にする機会が多いのが自然をテーマにした文様と、

                 

                人面文様・・・! 異形です

                 

                恐ろしいかと思いきや、意外とコミカル

                愛らしい

                建造物に溶け込んでいます

                 

                 

                例えばノートルダム教会の軒先から長い間パリの街を見下ろしているクールなデビル像

                思い出す方も多いのではないでしょうか

                 

                 

                 

                フランスのカトラリー、

                スターリングシルバー製「ルネッサンス」にも

                そんな異形が住んでいます

                コーヒースプーン

                 

                あまり日本で目にするシリーズではございません

                その理由は、専門の職人しか制作できない

                非常に高額な特注品だからだと思います

                 

                ちなみにコーヒースプーン1本が20万円ほど

                 

                ご興味ある方はチェック下さい↓

                 

                https://www.euroclassics-ginza.com/christofle_silver925.html

                 

                 

                 

                ベルナルド食器のレリーフ 「ルーブル美術館」に探す

                2019.03.12 Tuesday

                0

                  フランス、リモージュ窯ベルナルドの美しい白磁

                   

                  「ルーブル」はパリのルーブル美術館の外壁モチーフにインスピレーションをうけ誕生したシリーズだそうです

                   

                   こちらのデミタスカップ

                   波模様、もしくは角笛でしょうか?

                   

                  検索をかけたらこの模様をルーブル美術館の外壁に刻んでいる写真をアップされている方がいらっしゃいました。

                  https://www.fanafrance.com/diary-detail/138

                   

                  ルーブル美術館はとてつもなく古い建造物だとは知ってはいるものの

                  こうして修繕を重ね、今に至っていいるのですね。

                   

                  次回パリを訪れた際には、ぜひとも素敵な文様で埋め尽くされている外壁や

                  地下にあるお城の城壁(12世紀??)なども見学したいです。

                   

                   

                  カップのハンドル部分

                  円形のお花模様

                  こちらは通路アーチ部分内側の文様でした

                  https://twitter.com/arukikataparis/status/912319920351916033

                   

                  JUGEMテーマ:旅行

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                   

                  同じ写真の外壁とアーチ部分三角形の部分を埋め尽くすのが

                  このカップのような葉っぱ文様

                  葉は生命の象徴です

                   

                   

                  コーヒーC/Sも同様のレリーフ入り

                   

                   

                  ルーブルの建物は

                  屋根や柱部の人物像(天使も)に目を奪われがちですが

                   

                  自然を象徴する文様で埋め尽くされていたのですね

                   

                   

                  https://www.euroclassics-ginza.com/bernardaud.html

                  第二弾 ヘレンド【ハプスブルク家ゲデレ城】蓋の上でティータイム中の・・

                  2019.02.15 Friday

                  0

                     

                    色違いの衣装にての会談

                     

                     

                    https://www.euroclassics-ginza.com/herend_sinowabox.html

                     

                     

                    クラシックファンにお勧め

                    2019.02.15 Friday

                    0

                      表題だけを見ると難しいように思いますが、大変読みやすく内容も面白いです。アウアーを通して、この時代の空気や他の演奏者の人となりを知ることができます。バイオリンをかじっている者に限らず、クラシック好きにお勧めの一冊。

                       

                      JUGEMテーマ:演奏会