リモージュ マリー・アントワネット所縁のカップ

2018.08.05 Sunday

0

    フランス、ロワイヤルリモージュの王妃マリー・アントワネットために製作された素敵なカップ復刻品です。

     ルイ16世の狩りを待つマリーアントワネットを楽しませるために作ったランブイエ酪農場にちなんだ作品で、農場のヤギや牛など共に、葡萄や清楚な花々が描かれております。カップφ約9.5cm、高さ約10.5cm、ソーサーφ約18.7cm、容量約0.25L、大きなサイズです。オリジナルは1787年、セーブル陶磁器博物館蔵。


    アウガルテン クリムトの生命の樹

    2017.07.30 Sunday

    0

      ギュスターブ・クリムト


      生命の樹

      ゴールドのくるくるのモチーフ🌱


      大きな植木鉢を支える亀を見るたびに


      アラジンと魔法のランプのお話を

      を思い出します


      ウィーンにて


      大エルミタージュ美術館展

      2017.06.09 Friday

      0

        六本木の森アーツセンターギャラリー

        大エルミタージュ美術館展

        この他にも限定メニューがあります


        エカテリーナ2世が1764年、

        ベルリンの実業家から

        317点の絵画コレクションを取得したのが

        この美術館の始まりと言われているそうです


        ここで食器のお話を

        今回は来てませんが

        エルミタージュ美術館は

        彼女がオーダーしたセットも所蔵してます


        写真はミュージアムコレクション

        流石にオリジナルのセーブルは購入できませんが…

        復刻のロワイヤルリモージュは

        入手可能です

        http://www.euroclassics-ginza.com/limoges.html

        ■ロワイヤルリモージュ/ミュージアムコレクション/ロシア エカテリーナ二世(1778-1779年デザイン)/コーヒーC/S

         18世紀にセーブルで製作され、「最も高価で大きなサービスセット」として制作されたシリーズ。カメオのコレクターだったエカリーナ2世(在位1762-1796年)の注文によるもので、セーブル磁器工場のほぼ全部の職人と44人のアーティストが2年間という長い期間をかけて製作しました。60人用、744ピースのセットです。


        1600年代から1700年代の素晴らしい絵画が展示されてます!

        来週6月18日まで開催中ですので

        ご興味あるかた、

        是非体験して下さい❣

        美術館は52階

        パノラマが広がります❤







        テーブルにシルバーウェアを

        2017.05.28 Sunday

        0

          クリストフル

          銀のフラワーベース✨


          アールヌーボー

          ベリーモチーフです

          製造中止になってしまいました



          テーブルセッティングに

          シルバーウェアを加えると素敵です

          夜はキャンドルの焔🕯を忘れずに!



          あまり知られてませんが

          クリストフルミュージアムコレクション

          アールヌーボーの銀の小皿が

          とても素敵です


          次回ご紹介しますね❤


          テーブルにシルバーウェアを

          2017.05.28 Sunday

          0

            クリストフル

            銀のフラワーベース✨


            アールヌーボー

            ベリーモチーフです

            製造中止になってしまいました



            テーブルセッティングに

            シルバーウェアを加えると素敵です

            夜はキャンドルの焔🕯を忘れずに!



            あまり知られてませんが

            クリストフルミュージアムコレクション

            アールヌーボーの銀の小皿が

            とても素敵です


            次回ご紹介しますね❤


            ウィーン【ザッハトルテ♪】

            2015.01.10 Saturday

            0
              JUGEMテーマ:趣味

              毎年ウィーンからクリスマス時期に贈られてくる”ザッハトルテ”
              今年は税関にひっかかり、年明けのお届けとなりました・・




              代々ウィーンにお住いのおじ様曰はく。
              二つザッハトルテがあるけれど、「こちらのザッハでないと駄目なんだ!」

              そして、必ずメッセージに一言。
              「ホイップクリームを送ることができずごめんね。かならず沢山のホイップクリームを添えて食べるんだよ。」

              豪華な木箱入りで、賞味期限も長く3週間程度。


              一番大きなホールを贈ってくるので、スタッフ2人では食べきれず・・
              ちょうど到着した時に居合わせたお客様とご一緒します♪
              年末の土曜日が狙い目です!

              寒い時期でしたら、ウィーンからのお取り寄せもできるようです。
              http://www.sacher.com/original-sacher-torte/

              こちらが「ヨーロッパだぁ〜」という感じの豪華なホテル。
              http://www.sacher.com/hotel-sacher-vienna/

              音楽芸術の都、ウィーンの街。
              旅にでたくなりますね。

              2015年2月12日(木) ヴァイオリンとピアノによるデュオリサイタル

              2015.01.08 Thursday

              0
                JUGEMテーマ:演奏会

                ♪ヴァイオリンとピアノによるデュオリサイタル♪

                2015年2月12日(木)19:00開演(18:30開場)
                東京文化会館 小ホール 全席自由 一般¥3,000 前売り¥2,500 学生¥2,000

                モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調 K.378
                リヒャルト・シュトラウス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 変ホ長調 作品18
                フランク:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調

                相原千興ヴァイオリン  藤井亜紀ピアノ

                チケットお取り扱い:東京文化会館チケットサービス(03-5685-0650)
                お問い合わせ:ハラヤミュージックエンタープライズ(03-3587-0218)
                 


                メンテナンスで昨年長期間お休みだった東京文化会館小ホール、
                前川國男さんの設計、昭和の建築です。
                この時代のデザインと空気感、大好きです。

                今回はヴァイオリンとピアノデュオ、
                モーツァルト、シュトラウス、そしてフランクのソナタ♪
                素敵な空間で聴いてみませんか?

                 

                【埋め尽くす..】マイセン窯 VS ヘレンド窯

                2014.07.08 Tuesday

                0
                  JUGEMテーマ:趣味
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                  「隙間なく埋め尽くす幾何学模様」


                  写真は、ヨーロッパで最も長い歴史をもつ磁器窯、マイセンのカップ。
                  トカゲの人形のハンドル、カップにはカラフルな幾何学文様が手描きで描かれてます。
                  何かにとりつかれたように、ぎっしりと描かれます。

                  通常ラインではないので、実物をご覧になった方は非常に少ないと思いますが、
                  正真正銘、双剣マークの入ったマイセン社製です。
                  想像できると思いますが、この絵付け、大変根気がいる作業です。
                  それゆえでしょうか・・びっくりするようなお価格です。

                  数年前には、現地の博物館に同じものが飾ってありました。
                  マイセンらしからぬデザインですが、マイセンの歴史を語るのに必要なもののようです。



                  さて、「幾何学文様で埋め尽くす」
                  ハンガリー、ヘレンド社編です。

                  マイセンのものよりもシンプルですが、写真でご確認頂けますようにとても細かい作業が必要です。
                  BABOS(バボス)さんのデザイン。
                  カップの高台とソーサーの部分はオープンワークですが、職人さんがナイフを使い手作業でカットします。
                  4種類の幾何学文様絵付けパターンがございます。

                  こちらもヘレンドらしからぬデザインですが、
                  モダンなデザインがお好きな方に人気です♪

                  演奏会のご案内【2013年7月6日(土)19:00開演 ブラームス@東京文化会館 小ホール】

                  2013.05.17 Friday

                  1
                  JUGEMテーマ:演奏会
                  JUGEMテーマ:趣味
                   

                  “QUARTETTO GRAZIA”
                  第六回定期演奏会

                   2013年7月6日(土)19:00開演(18:30開場)
                   東京文化会館 小ホール
                   ブラームス:ピアノ三重奏 第一番 ロ長調 作品8
                   ブラームス:ホルン三重奏 変ホ長調 作品40
                   ブラームス:ピアノ四重奏 第一番ト短調 作品25

                   藤井亜紀Pf. 相原千興Vl. 長谷川弥生Vla. 寺井創Vc. 藤田乙比古Hr.

                   チケットお取り扱い:東京文化会館チケットサービス
                   お問い合わせ:ハラヤミュージックエンタープライズ
                  http://www.harayamusic.com/concert/2013/130706.html


                  私も聴きに行きますが、良かったらぜひお出掛け下さい♪

                  東京文化会館は、1961年前川國男先生設計。
                  このころの建築物は遊び心があるデザインで、ともて好きです。
                  ホールに入ると洞窟か教会か・・別の空気を感じてしまいます。

                  こんな空間で音楽を聴けることに感謝です
                  1