マイセン磁器誕生☆【アルブレヒト城】は・・

2011.09.19 Monday

0
    JUGEMテーマ:趣味
    JUGEMテーマ:今日のテーマ・お題
    JUGEMテーマ:旅行

    ヨーロッパで初めて白磁の焼成に成功したのが、ドイツ、マイセン窯。
    現在でも高級磁器として有名です!

    久しぶりに現地に行ってきました。
    今回はマイセンへ滞在してアルブレヒト城を撮影するのも大きな目的でした。


    錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーが
    マイセン磁器の開発に幽閉されたアルブレヒト城は、マイセンの街の高台に位置します。
    アウグスト強王はこの城に1710年マイセン磁器製作所を設立させました。

    そして、現在の工場に移動する1864年まで、この城でマイセン磁器が製造されました。
    エルベ川に写るアルブレヒト城、時とともに表情を変え大変美しいです。



    こちらは、夕暮れのアルブレヒト城。
    夏に行ったため、9:30を過ぎても日が暮れません・・・。

    街中では小学生とおぼしき子供たちが自転車にのって夢中で遊びまわってました。
    明るいけれど、夜ですよ〜!


    11時頃からやっと暗さが増してきて、お城がライトアップ。
    川面に映りこむ光りが幻想的です。


    こちらはあまり写真に写ることがないアルブレヒト城裏からの写真。

    お城は高台の上にありますが、
    ドーム広場からエレベーターで裏側に降りられるようになってます。
    下りたところには駐車場があります。
    このエレベーター、下りは無料ですが、上りは1ユーロでした。
    エレベーター係りの方にお支払いします。


    もちろん、健脚な方は歩いて上るように道もあります!

    http://www.euroclassics-ginza.com/meissentour.html

    スポンサーサイト

    2019.09.20 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL