ドイツ/マイセン大聖堂**エルベ川に聳え立つお城

2012.03.10 Saturday

0

    JUGEMテーマ:趣味
    JUGEMテーマ:旅行


    ドイツ、マイセンの街、エルベ川沿いにお城をみた風景です。
    川面にうつる影が素敵です。

    写真では建物が一体に見えますが、
    手前ド円塔部分が司教の館、
    それに続く手前の部分が司教座聖堂参事会員の館。

    その後方にアルブレヒト城と大聖堂があります。
    ゴシック様式の大聖堂は1260年から建設が開始され、1410年に完成しました。
    印象的な2つの尖塔は20世紀初頭に建設されました。


    アルブレヒト城については、前にご紹介しましたので、
    今回は大聖堂のほうを!

    私..一応建築士ですので・・
    興味ある建物中心のお話を



    大聖堂内は天上も高く広々とした空間です。
    パイプオルガンもあり、日曜日にはもちろんミサも!

    写真中央祭壇に飾られている白磁のキリスト磔刑図像と燭台はマイセン磁器、ケンドラー作です。
    現在、マイセンで同様の人形が製作されております。



    こちらが拡大の写真です。
    燭台に天使の人形もみられます。
    祭壇後ろのテンペラ画も素敵です。



    祭壇後ろ側のお部屋がこちの写真になります。
    大聖堂のステンドグラス、

    壁左側に見える像が有名だそうです。
    大聖堂の寄進者 皇帝オットー祇ぁ皇后アーデルハイド像
    1260年頃作、なんと等身大です





    ゴシック様式の大聖堂外壁には
    聖人とともに無数の異形が顔を並べます
    恐ろしい怪物たちは教会を守っていると言います。

    上の写真、赤い矢印に注目!
    雨どいです。


    ちょうど大聖堂修復のため、建物内で雨どいを間近に見ることができました。
    背中の溝に水が流れ・・・



    正面、異形のお口の部分から吐き出します

    じっくり見ると意外と怖い!


    安心してください。
    聖母子も教会を守っていらっしゃいます。



    大聖堂通路のガラスの質感も良かったです。

    マイセンは戦争の被害を受けず街が残りましたが、
    東ドイツ時代はかなり荒廃したそうです。
    マイセン窯のおかげで、現在は復興を果たしておりますが。

    1日あれば、街を徒歩をじっくり見て回れる場所です。
    ぜひ一度、
    訪ねてみてくださいね。

    こちらに街情報随時更新してます。
    http://www.euroclassics-ginza.com/meissentour.html

    スポンサーサイト

    2019.05.31 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL