アウガルテン窯【意外なお花の陶板画】

2017.05.21 Sunday

0

    今日はマイセンにはないお花の陶板画

    プラークのご紹介です



    ウィーンのアウガルテン窯


    マリアテレジア御用達のウィーン窯を継承しています

    ヨーロッパではマイセンに次ぐ

    2番目に歴史の長い磁器窯です


    今でもハンドメイド

    ペインターさんが描きます


    磁器の板にお花を描きたシリーズ

    ちょっと珍しいモチーフを発見✨

    すずらん

    モチーフとしては一般的ですが

    ロイヤルコペンハーゲンのフローラダニカのように

    根まで描かれていますね



    こちらはクリスマスローズ

    最近お花やさんでよく見かけますね

    マイセンでは滅多に描かれることのないお花です


    そして極め付けがこちら

    ホウズキ

    ヨーロッパでは食用にされるそうです


    http://www.euroclassics-ginza.com/augarten_wallplate.html

    スポンサーサイト

    2019.05.31 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL