マイセン愛好家の男女人形

2006.05.05 Friday

0





    ドイツ、マイセン社の磁器のコレクターは世界中におります。そんな愛好家を人形にしたものです。日本では干支のシリーズなどで有名な造型家、シュトラング氏デザインです。現代マイセン5人組のひとりで今はマイセンを引退しております。

     男性は手にアルルカンの人形、その後ろにはお花の絵付けのコーヒーセットとシノワズリの壷があります。女性は手に花のカップを持ち、足元には有名な雄鶏のフィギュリン、背後には花をいけた花瓶があります。これら小物はどれもマイセンで実際に製作されている作品です。男女ともにマイセンの素晴らしい作品を愛で、満足した面持ちです。とても華やかさのあるお人形です。高さ各約11cm。

    ちょっとユニークでもあり、優雅な作品です。

    ユーロクラシクス

    スポンサーサイト

    2019.09.20 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL