マイセン磁器/美しい「いばら姫」陶板画

2006.10.16 Monday

0

     有名な、マイセン磁器製、いばら姫の陶板 (約13.5×9cm)です。いばらに囲まれたお城の中で、眠り続ける王女様。白馬の王子が目覚めさせるのもすぐでしょう!
     このサイズの童話シリーズ、「ブレーメンの音楽隊」や「狼と7匹の子ヤギ」などもでてますが、どれもとっても可愛らしく、いずれもお話を思い出さずにはいられないデザインです。


     こちらは同じいばら姫をテーマにした1974年のマイセンのイヤープレートです。この頃は童話をテーマにした作品が毎年発表されてました。こちらのデザインは現代マイセンの中でも最も有名なひとりハインツ・ヴェルナー氏がデザインしたもので、細部まで非常に細かい話の描き込みがされてます。眠る王女にキスをする王子、魔法で寝込んでいる王や王妃、城に仕えていたコックや兵士、犬や猫。城の周りはいばら囲まれ花もさいてます。王子がのってきた馬の表現、ヴェルナー氏らしい美しい馬です!

    この他にも陶板色々と掲載してますので、ご興味ある方はどうぞ

    スポンサーサイト

    2019.08.19 Monday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL