マイセン(ドイツ)/スピッツ犬人形 犬歯もあります!

2007.07.21 Saturday

0

    ■スピッツ犬/マイセン
     ボールと遊ぶスピッツ犬です。犬の口の中の牙まで造型されており、マイセンならではのこだわりの仕上がりです。おなかの部分に双剣マークが入ってます。高さ約5cm。
    毛並みも造型されております。



    こちらで裏の映像もご覧頂けます。
    ユーロクラシクス マイセン/犬&猫のページ

    マイセン天使人形/昼と夜(ナイト&ディ)2体セット 人気です!

    2007.07.20 Friday

    0

       マイセンの天使の人形の中でも、特に人気の高い、古典の人形「昼と夜(ナイト&ディ)」です。昼は朝焼けを思わす薄い紫色の衣をはおり、右手に炎があがるトオチ、左手に花を手にしてます。頭には太陽の輝きをイメージした光がごらんいただけます。{トオチは、生命、知識、太陽が昇りそして陽が沈む真理を象徴しています。ギリシア神話の神々、キューピッド(エロス)、ビーナス(アフロディーテ)、セレス(デメタ)、バルカヌス(ヘファイスト)などは、トオチを携えてます。}足元にはたわわに実った穀物とひまわりの花、羽を広げた小鳥がいます。高さ約19.5cm。
       また、夜は黒い衣をまとい、頭に金に輝く星を飾り、手にはケシの花を持っています。また足元には夜を象徴する梟がおります。高さ約18.5cm。いずれも大変かわいらしい顔をしております。

      こちらで後姿もチェックできます
      http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_figure_angel.html

      マイセン人形 ケンドラー作 猿の楽隊コンダクターの造型観察

      2007.01.14 Sunday

      0

        ■猿の楽隊/コンダクター/マイセン
         マイセンを代表する人形のひとつである、猿の楽隊シリーズです。原型はケンドラー作。古典的な洋装をした猿の指揮者です。大変動きのある作品です。手足の指や、歯や舌といった細かい部分の造形はもちろん、ベストの絵付けも大変繊細に描かれております。写真のアップをご覧下さい。喉の奥から歌うように飛び出している舌、牙は迫力があります。猿のコンダクター高さ約17.5cm。


        手足の表現も見事です。本物さながらの造型です。猿のコンダクターの情熱が伝わってくるようです。

        http://meissen-euro.jugem.jp/trackback/2

        いろいろな猿はこちらから

        マイセン人形 写真一覧
        http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_figure.html

        マイセン天使の人形

        2006.11.05 Sunday

        0

          マイセンでは、古くから様々な天使の人形がデザインされてきましたらが、こちらは1879年のShwabe氏による造形によるシリーズです。(マイセンの美術館でも見られるシリーズです。)人間の生と死をテーマにした天使の人形です。天使が座る頭蓋骨からは葉っぱが生え時間が経過していることがわかります。貝殻に息を吹きかけ、今新しい命が生まれようとしています。天使の表情も可愛いですが真剣さが伝わってきます。


          こちらは、同じシリーズで、ハートを捧げもつ天使の人形です。ハートは愛を象徴しており、天使はそのハートをひざまずき大切に誰かに捧げようとしております。こちらもマイセンの人形らしい凛とした表情です。


          こちらは、豪華な女性の靴を背負った天使の人形です。靴は豊穣、愛情の象徴です。天使の表情は可愛いらしく、そしてやさしさも感じられます。

          いずれも新品のものです。
          他のアングルの写真はHPでご確認いただけます。

          ユーロクラシクス マイセン天使女神人形

          マイセン人形写真一覧
          http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_figure.html

          マイセン/パゴダ人形★福を呼ぶ仕掛け人形★女性神Mサイズ

          2006.08.31 Thursday

          0


            ■ パゴダ/女性神(高さ約18.5cm)Mサイズ/マイセン
            パゴダは中国の神の坐像の形をした香炉、または小像で、マイセンでは1720年以降作られました。1760年プロシアのフリードリッヒ2世が10個のパゴダを注文して、ケンドラーが型をつくったといいます。頭と両手が動くのが特徴で、男性神と女性神がつくられております。その後、各地の窯で模倣され多くのパゴダが製作されていますが、造形、絵付けともにマイセンのものは大変に美しいです。
             大変丁寧な絵付けで、おおらかな笑顔、福耳です。
             
            手や頭が動き、舌が動きます。動画はこちらから確認できます。
            パゴダ人形/マイセン 動画のページへ

            さすがマイセン人形★カエルも犬も可愛いです

            2006.06.11 Sunday

            0

              こちらマイセンのカエルの王様と女王様。実はチェスの駒なんですが、その造形は見事です。カエルファン多いですが、これは究極のコレクションではないでしょうか!
              他にも兵士などもいるのですが、映像はこちらでどうぞ


              こちらもマイセンの人形。比較的新しい作品でレトリバー。マイセンでは実物を参考にしてもとの形を作るので、きっとドイツにいるレトリバーなのでしょうね。
              昔からの犬ですと、パグやハンティングに使われていた犬の人形が多く見られます。柴犬はないでしょうね・・。

              マイセン猿の楽隊人形 コンダクター

              2006.04.27 Thursday

              0


                 マイセンを代表する人形のひとつである、猿の楽隊。原型はマイセンの造形の基礎を確立したケンドラー作。かなりリアルな猿たちが、この人形がデザインされた当時の豪華な衣装で音楽を奏でているシリーズです。表情も手足の細部まで、実に細かく作られております。サイズも存在感ある大きさです。弦楽器や鍵盤楽器など奏でている猿もいますので、ご希望によってコレクションしても素敵です。数体あるとさらにボリューム感がアップします!

                 写真はその中から、一番人気の古典的な洋装をした猿の指揮者と譜面台のセット。大変動きのある作品です。手足の指や、歯や舌といった細かい部分の造形はもちろん、ベストの絵付けも大変繊細に描かれております。猿のコンダクター高さ約17.5cm、譜面台約9.3cm。

                ユーロクラシクス マイセントップ