マイセン磁器(ドイツ)【プラチナで描かれた馬のカップ】

2012.01.28 Saturday

0

    ハインツ・ヴェルナー氏とシュトレ氏がデザインしたプラチナコバルトシリーズのコーヒーカップ。

    闇夜を思わせる深い紺色の地に、プラチナで動物が描かれているシリーズです。
    ヴェルナー氏の描く動物は、個性がある・・
    気品があるものもいれば、ユーモアたっぷりなものも!

    何かを語ってくれるようです。

    コーヒーカップは6柄ありますが、私のお気に入りは3番の馬のモチーフ。

    こんなお馬に乗って草原を走ってみたい!
    ---草原というよりも、どちらかというと夜空を駆け巡る でしょうか?--

    今回初めて気が付いたのですが・・・
    カップの表裏にそれぞれ馬が描かれていました。
    2頭もです

    それも1頭は脚を蹴り上げ跳ね上がってます。
    ------暴れ馬??これは乗りたくありません・・・-----

    馬の躍動感あるモチーフ
    本当にヴェルナーさんに拍手です

    ちなみにヴェルナーさんはマイセンを引退されて現在80歳を越えているはず。
    偉大なマイスターです。

    マイセン/プラチナコバルトを初めヴェルナーさんの作品はこちら
    http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_werner.html

    お馴染みのアラビアンナイトシリーズ、サマーナイトシリーズ、ブルーオーキッドなども
    ヴェルナーさんデザインです。

    マイセン/ミュージッククラウン5体セット(手ひねり人形)

    2011.11.29 Tuesday

    0


       現代マイセン5人組をサーカスの道化にみたてたミュージッククラウン5人組のお人形、手ひねりの小さなサイズのものです。
      左からブレッジナイダー(ドラム)、ツェップナー(ヴァイオリン)、シュトラング(サックス)、ヴェルナー(アコーディオン)、シュトレ(ギター)

      マイセン好きの方なら耳にした事のあるお名前ではないでしょうか。

      ...残念ながらすでに全員マイセンを引退しております...


      以前発表された大きなサイズは数百万円だったので、この小さなサイズはかなりお求め安いお値段です。


      数年前まで、日本の干支のお人形をデザインしていた、マイセン造型師ペーター・シュトラング氏のデザイン。
      それぞれのアーティストの特徴がでております。

      サーカスというテーマはシュトラング氏が大変興味をもっていたものです。
      高さは約10〜13.5cm、手ひねり人形ですので1体づつ
      微妙に感じが異なります。
      手作りの良さですね。


      こちらに掲載中です
      http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_stfigure_musicclown.html

      マイセンの薔薇**自然主義のベース【描くことのできるペインターわずか数人の絵付けです】

      2011.11.25 Friday

      0
         

        ドイツ、高級磁器、マイセン社製の高さ約34cmふた付きのベースです。
        自然主義の絵付けで描かれた薔薇の花がモチーフ。
        高さ約34cm、蓋付き。

        通常の絵付けとは異なり、大変手間がかかり、
        フラワーの絵付けの中でも描くことのできるペインターがわずか数人のシリーズです!

        色を重ね、自然に忠実に描かれます。
        白磁に白っぽいお花を描くのは大変難しい・・

        本当に豪華なベースです。

        詳細はこちらからどうぞ
        通常の、マイセンローズの描き方と比較してみてください。
        http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_rose.html

        ドイツ/マイセン【ドラゴンやドルフィン】w(゚o゚*)w白磁のポット

        2011.09.24 Saturday

        0
           
          ドイツ、マイセン社の白磁のポット。
          なかなか目にすることはありませんが、
          このポット注ぎ口がドラゴン(龍、竜)、ハンドルはドルフィンです。

          テーブルにあるだけで、話題になること間違いなしでしょう ヽ(^◇^*)/

          容量は約0.9L、高さ約21.3cm。
          中身が入った事を考えると、使いやすいサイズです。
          白磁ですので、他の食器とあわせやすく、
          また高級磁器窯マイセンとしてはお手頃なお値段。

          こちらからどうぞ!
          http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_white.html

          http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_top.html

          マイセン磁器パイプオルガン【CDもあります〜】

          2011.08.27 Saturday

          0
            JUGEMテーマ:趣味
             
            ○マイセン磁器パイプオルガン

            マイセン博物館内にある磁器オルガンです。
            2000年に発表されたマイセン磁器のパイプ22本を使ったパイプオルガンです。

            マイセンから電車で30分ほどの場所にゼンパーオーパー(Semper Oper)などがある音楽の都ドレスデンがあります。
            *ゼンパーオーパーでは、リヒャルト・ワーグナーの「タンホイザー」「さまよえるオランダ人」、リヒャルト・シュトラウス「サロメ」などの初演がされた劇場でもあります。
            こちらが劇場のHPです
            http://www.semperoper.de/jp/oper/aktuell.html

            このオルガンは、ドレスデンのエーミリッヒ・オルガン製作所との協力で完成されたそうです。

            磁器フルート(パイプ)の長さは48-112cm。
            とてもやわらかい音色です。
            演奏会も行われているそうです。



            現地のドイツ/マイセンショップでこのパイプオルガンのCDも入手可能です。
            左のCDジャケットには、マイセン、猿の楽隊のコンダクターが写ってますね。

            気になる曲目ですが、バッハ、テルマン、モーツァルトなどですが、万人が知っている有名な曲というわけではありません。(でも楽しめます♪)

            お店で聴けますので、ご興味ある方はご来店の際、お声をかけて下さい。
            http://www.euroclassics-ginza.com/meissentour.html


            マイセン磁器**ロシアでも人気**金が豪華なシリーズです

            2011.08.23 Tuesday

            0
               
              ヨーロッパで最初にできた磁器釜、マイセンは高級食器ブランドとして今も大変人気があります。

              300年前から続く伝統のシリーズに加え、現在のアーティストの作品が毎年追加発表されますので、本当に数えられない位多くのシリーズがございます。

              多くのシリーズの中で、
              ”高級”という言葉が一番合うのがこのBフォームのシリーズではないでしょうか?
              ロシアのリッチな方にも人気が高いそうです。

              こちらは マイセン/Bフォーム(レッド) C/S(容量約0.16L)定価189,000円


              お色違いの マイセン/Bフォーム(紺) C/S(容量約0.16L)定価189,000円

              熟練のペインターが小花を絵付し、金細工の職人さんが、金を描きます。
              焼成後、写真のようなピカピカの金になるまで磨きこみます。

              小花の模様はペインターさんが決めますので(ベーシックフラワーは36種類、さらにピンクやオレンジ、黄色などお色違いがございまます)ひとつひとつ表情が異なります。

              このカップ、下の部分がレッド、紺ですが、他に黄色やグリーンなど、
              全部で6種類ありますが、金の部分や色の部分の焼成が非常に難しいそうです。

              お気に入りの色でセットをそろえるもいいですが、
              (あまり作られていないお色は、入手まで時間がかかりますが・・・)
              色違い、並べてみると非常に豪華でお勧めです。

              こちらに色違い全色掲載してますので、御興味ございます方、チェックください!
              http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_bform.html


              さて、Bフォームと同じ豪華なシリーズでXフォームというものがございます。
              個人的には、このフォーム大変気に入ってます。

              マイセン/X-フォーム 紺/ C/S 容量約0.16L


              マイセン/X-フォーム 赤/ C/S 容量約0.16L


              マイセン/X-フォーム金彩小花/ C/S 容量約0.16L
              こちらも潔い美しさがあります。
              金彩が、葉のモチーフになっている所も気に入ってます。

              皆さんはいかがでしょうか?

              http://www.euroclassics-ginza.com/

              カップやソーサーだけを割ってしまった時!【マイセン/ヘレンド】

              2011.05.31 Tuesday

              0
                 
                大切食器を誤って割ってしまった・・・
                1度位経験したことがあるかと思います。

                カップだけ割れてソーサーだけ手元に、
                またその逆もあります。
                片方が残っているのに、1客を買いなおすのは少しもったいないですね・・。

                マイセン(ドイツ)、ヘレンド(ハンガリー)の食器の場合は、
                カップのみ、またソーサーのみのお取り寄せも可能です。

                注文にてお取り寄せとなりますので、
                シリーズにもよりますが2-3ヶ月で手配可能です。


                http://www.euroclassics-ginza.com/

                現代マイセン5人組【ルードヴィヒ・ツェプナー(Ludwig Zepner)氏 逝く】

                2011.01.15 Saturday

                0
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン
                  JUGEMテーマ:趣味

                  現代マイセン5人組のおひとり、
                  ルードヴィヒ・ツェプナー(Ludwig Zepner)氏が、2010年12月31日に亡くなられたそうです。
                  ご冥福をお祈り申し上げます。

                  20世紀後半に誕生したマイセンの器の造形の多くが、氏によるものです。
                  。「花の輪舞」「グローサー・アウスシュニット(アラビアンナイト、サマーナイト、ブルーオーキッド、ホワイトレリーフなどのフォームです)」「日本シリーズ(KUMITATEシリーズで日本茶用などのフォーム)」など....。

                  またクリスタル・グラズーア、ガラスの美しい造型も有名です。
                  氏はヴァイオリンも弾かれるそうで、
                  マイセン磁器のヴァイオリンを製作し、演奏なさっていたそうです。
                  どうな音色だったのでしょう?

                  http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_history.html

                  マイセン【アラビアンナイト/コーヒーCS】定価なんと42万円 24金の手描きです〜

                  2010.08.16 Monday

                  0
                    JUGEMテーマ:今日のテーマ・お題

                    マイセン、高級磁器で人気の高いのがこのアラビアンナイトシリーズ
                    マイセン300年の歴史からみれば比較的新しいシリーズで、現在80歳を越えたハインツ・ヴェルナー氏のデザインです。

                    ヴェルナー氏は本当に素敵なシリーズを沢山誕生させました。
                    ブルーオーキッド、まるで墨絵のようなタッチの蘭の花のシリーズは、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

                    個人的には、ヴェルナー氏の人物(特に女性)や、森の動物が大好きです。
                    表情の豊かさが魅力なのだと思います。
                    マイセン/ヴェルナー氏ページ

                    人物像が描かれ、物語性があるシリーズと言えば、
                    このアラビアンナイト(千夜一夜物語)とサマーナイトドリーム(真夏の夜の夢)。

                    アラビアンナイトのカップは定価42万円もする高級品です!
                    12柄あり、写真は踊り子のパターン。24金で描かれた三日月や装飾も豪華です。
                    他にも盗賊や王、召使の絵柄もあります。



                    カップ裏には王の居城のインテリアが。


                    ソーサーにも豪華な風景が描かれてます。
                    小鳥も楽しそうです。
                    このソーサーの裏がすごい!
                    24金でキラキラしてます__
                    まさにアラビアンナイト!

                    沢山いるマイセンの絵付け師ですが、
                    このシリーズは描ける人は限られてます。

                    贅沢品ではございますが、
                    きっと素晴らしいコーヒータイムが!

                    http://www.euroclassics-ginza.com/

                    マイセン(ドイツ)【手描き鳥のシリーズ】何種類もの鳥があるのです・・

                    2010.06.25 Friday

                    0



                      マイセン(ドイツ)高級磁器、鳥のシリーズ。
                      ドイツの野鳥が熟練のペインターさんによって丁寧に描かれているシリーズですが、
                      ドイツの鳥〜といっても実は沢山いるのです。

                      キツツキやカワセミなど、
                      見た目も鮮やかで日本でもお馴染みのとりもいれば、
                      野鳥に詳しくない者にとっては、一瞬「南国の鳥?」と思ってしまうものも・・・。

                      こちらのページにその一部を掲載しました。
                      すずめもいるんですね・・。

                      マイセンのペインターが描いたものと、実物の鳥の写真(リンクしてあるものもございます)
                      ぜひ見比べて下さい!
                      野鳥の毛並みを描くのは難しいそうです。

                      http://www.euroclassics-ginza.com/meissen_bird.html

                      ユーロクラシクス
                      http://www.euroclassics-ginza.com/